vcdhv貸金業法という法律があるのですけど、ほとんどの方は知らないのではないでしょうか?なんか難しそうだな?法律なんてあまり詳しくないし、関係ないと思う方も、詳しくは知らなくても、消費者金融のサービスを利用する時には、この貸金業法が関係してきます。貸金業法とは昔から存在していた法律ですが、平成18年に改正があってからは、色々な部分が変更になりました。特に、今までグレーゾーンだった利息が変更になったのは、大きく、利用者にとってはより使いやすくなりました。消費者金融の利息は、出資法と利息制限法という二つの法律によって定められていました。この二つの法律は利息制限法は民法で賞罰規定がなく、法律の性格も違いますし、規定している最高利息もかなり幅がありました。多くの消費者金融が利息は通常の50万円以下の小口融資では26%前後の利息を設定しており、これは利息制限法と出資法の二つの法律の間をとって?決められていました。これをグレーゾーン利息と呼び、利息制限法の最高制限利息を超えて貸付を行ったとしても、契約書に記載をし、承諾の署名を頂いているので問題がないという判断でした。遅延利息は出資法の最高制限利息29.2%であり、これを超える金銭貸付利息はヤミ金融と呼ばれるものでした。平成18年に貸金業法が改正になってからは、最高制限利息は20%に統一されました。また、総量規制という制度が新たに導入され、基本的には年収の3分の1までの貸付となりました。また自殺による生命保険での弁済が禁止になりました。これらは、消費者金融会社の借り手の弁済能力を超えた過剰貸し付けによって、いわゆる自転車操業のような状態の借り手が社会問題になったことが背景になります。キャッシングサービスはとても便利ですが、計画的に利用する必要がありますね。